1億円越え!!憧れのスーパーカーランキング~2018~

Appgamesへようこそ!!今日はみなさん憧れの一億円越えスーパーカー2018年をランキング形式で紹介していきたいと思います!!

スーパーカーって誰もが憧れますよね。自分も一回は乗ってみたい!!と思うような車で、セレブにしか持つことができないスーパーカーは3000万円相当の家を複数軒建てられるような超高額車であり、車好きの夢でもあります。

中でも1億円を超えるようなプレミアム・スーパーカーは、街中で止めておくと人だかりができるほど注目を集めます。

スーパーカーには自動車メーカーの最先端技術が詰まっており、もちろん超高性能なワケですが、実は一口にスーパーカーといっても以下の3つのカテゴリーに分けることができます。

◎ レーシングマシンに近いスーパーカー

◎ 最高速度重視のスーパーカー

◎ 芸術品としてのスーパーカー

ランキングの基準は以下のとおりにします。

レーシングマシンに近いスーパーカー:レース場のラップタイム順

最高速度重視のスーパーカー: 最高速度のギネス記録順

芸術品としてのスーパーカー: 価格やデザイン、機能性を考慮

少し初心者の方にもわかりやすいように簡単に専門用語を説明します。

0-100km/h: これは停止状態からフル加速で時速100キロまで到達するまでの時間(秒)です。

ドラッグレース(ゼロヨン、0-400m):停止状態からフル加速で402.33メートル地点を通過するまでの時間(秒)です。

60-0 mph: 時速96キロから完全に停止するまでの制動距離です。

レーシングマシンに近いスーパーカー

一位 ポルシェ 918 スパイダー ヴァイザッハ・パッケージ

車両価格:約1億円

システム最高出力:887馬力(ps)

最高速度: 345 km/h

ポルシェの最新ハイブリッド・スーパーカーである918スパイダーを41キログラム軽量化したモデルです。

ドイツのニュルブルクリンクでは、市販車最速の6分57秒を記録しています。早すぎ!!!

918 スパイダーはこれまでの市販車の中で随一の加速性能を有しており、ドラッグレースでは1200馬力のブガッティベイロン・スーパースポーツに勝利しています

またポルシェの強みである旋回性能やブレーキ性能も世界最高レベルです。平均1.1Gの横加速度に耐え、時速300キロからのフルブレーキでも挙動を乱すことなく止まることができます。

ではこのデータはどれぐらい凄いのでしょうか?まずは0-100km/hについてみていきましょう。

たとえば一般車の0-100km/hを見ていくと、ターボエンジンを積んだ660ccの軽自動車で10秒以上、1800ccのミドルクラスセダン(ノンターボ)で7秒後半~9秒程度、3500cc相当のスポーツカー(ノンターボ)で5秒台です。

街中で走っている車は(場所にもよりますが)0-100km/hで10秒以上がほとんどなので、918スパイダーの2.4秒はめちゃくちゃ速いことがわかります。0-100km/hが5秒台でもフル加速でシートに押し付けられるほどです。

旋回テストについては、街中で走っている車の大半は30秒以上かかります。またフルブレーキテストにおいても、街中で走っている乗用車で30メートル後半以上ですから、その差10メートルもあるワケです。

急ブレーキを迫られるシチュエーションで、ギリギリセーフで止まるのと、10メートルの余裕をもって止まるのとでは雲泥の差があります。もちろん緊急回避時に対象物を避けられる範囲も大きな差があります。これだけでもいかにスーパーカーがすごいか分かったことでしょう!!

二位 マクラーレン P1


車両価格:約1億円

システム最高出力:916馬力(ps)

最高速度:350km/h

ポルシェ918と双璧をなすのが、マクラーレンのハイブリッド・スーパーカーです。ポルシェ918 スパイダーより157キロも軽く、最大システム出力も29馬力高い(916馬力)というアドバンテージがあり、駆動形式はミッドシップエンジンの後輪駆動(※ポルシェ918は4駆)であるため、0-100km/h加速は2.6秒(公式2.8秒)留まっているので、コーナリング速度はポルシェ918に勝ります。

三位 ラ・フェラーリ

車両価格:約1億6千万円以上

システム最高出力:963馬力(ps)

最高速度: 350km/h以上

ラ・フェラーリはフェラーリの最新ハイブリッド・スーパーカーです。ポルシェ918スパイダーやマクラーレンP1と比較されることが多く、レース場においてかなり拮抗したラップタイムをマークしています。

実はハイブリットというのも驚きで、1420kgの超軽量ボディに、わずか1.1メートルの低車高というコンパクトサイズが魅力です。

最高速度重視のスーパーカー

 

一位 ブガッティベイロン・スーパースポーツ


車両価格:2億8900万円

システム最高出力:1200馬力(ps)

最高速度: 431 km/h

この車はギネス記録の最高時速431キロを保持しているモンスターマシンです。数々のドラッグレースにおいて1位を獲得しており、約10年続けて市販車の最速レコードを記録しています。3億円近くする超高級車です。

 

二位 ヘネシー ヴェノムGT


車両価格:1億円以上

システム最高出力:1261馬力(ps)

最高速度: 435 km/h

ブガッティヴェイロンの時速431キロを超える時速435キロを記録したことのあるスーパーカーです。

しかし、ギネス記録の条件である30台以上&両方向計測を満たしていなかったため、ギネス認定はされませんでした。

 

芸術品としてのスーパーカー

 

一位 ランボルギーニ ヴェネーノ

車両価格:4億円以上

システム最高出力:750馬力(ps)

最高速度: 365 km/h

ランボルギーニの50周年記念特別車です。ランボルギーニのモチーフは『無敗の闘牛』であり、近未来的でSFに出てきそうなデザインの車を作るのが得意です。

インテリアは、戦闘機のコックピットのようなデザインで作られています。ヴェネーノのベースであるアヴェンタドール(約4317万円)も、メーター周りがレースゲームの世界のようになっています。

二位 マイバッハ エクセレロ

車両価格:8億円以上

システム最高出力:700馬力(ps)

最高速度: 350km/h以上

世界最高のラグジュアリーカーと言えば、このマイバッハ エクセレロと言われています。2.6トンを超えるヘビーな車に最大700馬力を出力するV12気筒ツインターボエンジンを搭載しており、最高時速は350キロを超えます。

以上、3タイプのスーパーカーをご紹介しましたが、スポーツカーは『加速する』、『曲がる』、『止まる』のバランスが重要です。

あくまでも個人的な見解も含まれていますのでご理解よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA