ピアノを弾いてるかのような音ゲー『Deemo』を紹介!!

App gamesへようこそ!!今日は『Deemo』という大人気音ゲーを紹介していきたいと思います!!

ゲーム概要

このゲームは、Cytusを開発した台湾のゲーム会社Rayark(レイアーク)が世に送り出したゲームです。
画面奥から流れてくるノーツがラインと合わさった時にタイミングよくタッチしてピアノを奏でていくことでゲームが進行していきます。
定価は240円ですが、auのAndroid端末だけは追加楽曲含め全て無料です。(※auスマートパス加入者のみ)。
本作の特徴としては音ゲーにしては珍しくストーリーが備わっているところです!!
最初は1曲しか遊べないのですが、曲を演奏していきストーリーを見る度に楽曲が増えていきます!!

ゲーム操作

ゲーム内での操作方法についてですが、まず、流れてくるノーツ(黒と黄色の横棒)をタップしましょう!!

白いノーツはタップして黄色いノーツは長押ししてください。

タイミングよくタップすることで右上の%(スコア)が上昇していきます。特に、

黄色いノーツは,画面をなぞることで演奏成功(それぞれのノーツをタップして取ることも可能)となります。
ノーツタップ時,正しいタイミングならば金色のエフェクトが出る“Charming Hits”が,少し外れていると緑色の“Hits”が発生。判定ラインから大きく外れていた場合はミスとなり,コンボが途切れてしまいます。なお,黄色いノートをなぞって取ったときは,必ず“Charming Hits”となります。

ノーツのスクロール速度は,9段階から選択することができます。音ゲーをあまりやったことのない人はデフォルトで,音ゲーの経験がある人は5~6辺りの設定がオススメです!!
D
いくらミスしても楽曲は途中終了せず,曲中に登場するノートの65%をCharming Hitsで取れればクリアとなります。

ストーリー

Deemoには音ゲーには珍しく,ストーリーが用意されています。設定は「ある日空から落ちてきた少女を元いた世界に帰すために,真っ黒な謎のキャラクターDeemoが,ピアノを聴かせるたびに伸びていく木を成長させていく」というものです。

作中では,楽曲をプレイするたびに木が成長していき,これが一定の高さに到達すると,新たな楽曲が遊べるようになったり,ストーリーが進行して新たなムービーが見られるようになったりします。解禁要素とストーリーはリンクしていて,木をある程度まで成長させれば,ストーリークリアとなり,それに従って最後の楽曲が解禁される仕組みです。
メニュー画面では,キャラクターをタップすると会話を読めたり,タップした位置によって何らかのアクションが起こり、ストーリーが進行すると,左右にある部屋に移動できたり,特定の場所をタップすることで楽曲が解禁されたりといった要素がついかされています。

ドンドン楽曲をプレイしてストーリーを見るために練習するのもいいかもしれません。

製作者の工夫

Deemoのユーザーインタフェースには,スマホの小さな画面に合わせた,さまざまな工夫が見られます。物理ボタンと比べ,精密な操作が難しいことを前提に,タップ位置の判定には若干の遊びが設けられています。

タップ操作に使う親指によって,判定タイミングの基準ラインが隠れてしまうことについても,ノートが画面の奥から手前に向かってスクロールしてくる画面構成によって,譜面の全体像を把握しやすくする配慮が施されているます。このため,画面中央付近を見ていれば,必ずしも基準ラインを確認しなくてもいい仕組みです。すごいですね!!

この説明だけでは,まだよくわからない方もいると思いますが、いざプレイしてみると,まさにピアノを弾いているかのような“演奏感”が強く得ることができます。これは鳥肌ものです!!直感的にここまでやりやすいとは思いもよりませんでした!!

本作では基本的に,低い音は左側に,高い音は右側に配置されている。音程ごとに厳密に位置が定められているわけではなく,フレーズごとにそうしたお約束が守られているといった感じで,これはレーンという要素を撤廃したからこそ可能になった表現だろう
DEEMO  では,Deemoはいかにしてピアノの演奏感を再現しつつ,直感的なプレイフィールを実現しているのだろうか。その理由を考えてみると,タッチすれば音が鳴る(すべてのノートがそうではないが,ピアノ音に関しては大体キー音が割り当てられている)だけでなく,レーンという要素を撤廃したうえで,ノートの配置をピアノという楽器が持つお約束――低い音は左側,高い音は右側――にできる限り近付けている,という点に思い至った。

ノーツの配置がピアノの鍵盤とリンクしているのでまるで本物のピアノを弾ているかのような気分になります!!ピアノ経験者の方はすぐに上達していくでしょう!!

自分の好みの設定ができる

このゲームはBGM、SPEED、KEYなどで細かい設定ができ、他ではBGMは曲の大きさを変更することができ、SPEEDではノーツが流れるスピードを変更することができます。さらにKEYはノーツを触ったときにでる音を変更することができます。

自分のやりやすいように設定することができるので難しい曲にも挑戦しやすくなると思います。

曲について

曲の難易度はEasy、Normal、Hardがあり、自分のレベルに沿った演奏を楽しめます。

1曲1曲の完成度がすばらしいので、曲が解放されるたびにワクワクが止まりません。

他の音ゲーだと、スコアを上げるために同じ曲を繰り返しやりますが、Deemoの場合は

「曲を聞きたいから繰り返してしまう」

それほどまでに、素晴らしい曲がそろっています。

基本は無料で曲は解放される曲で充分満足できるのですが、課金をすることで、新たな曲を解放することができます。

5曲入りの1パックで480円。

私は4パック程ダウンロードしましたが、そのどれもが満足のいくものばかりでした。

曲のすばらしさ、Deemoの魅力はそこにあると思います。

課金のメリット

隠し曲を含めると,全部で25曲が収録されており,それぞれEasy,Normal,Hardから難度を選択できる。また追加楽曲パックとして,“Book Collection”が#2~#5まで4種類配信されており,それぞれ400円で5曲が収録されています。

ほとんどの楽曲は本国台湾のアーティストによるものですが,Book Collection#2に収録された“Metal Hypnotized”は,「ファイナルファンタジー」シリーズなどでお馴染みの植松伸夫氏率いるバンド,EARTHBOUND PAPASが手がけている。また“sairai”はメタルバンド,地獄カルテットのギタリスト,小林信一氏が手がけるなど,日本人アーティストの参加もあります。

コラボしている曲も収録されていますし、課金をして曲を買うことで楽しみも増えますし、いいことばかりです!!

ワンコインで5曲入っているのでお手軽ですし、今ある曲に飽きてきた方は曲を増やすことで楽しみも増えるかと思います!!!

曲もよく、操作も簡単でとても面白いゲームとなっているのでぜひ興味があればプレイしてみてください!!

『Deemo』をプレイしてみたくなった方は下のリンクからどうぞ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA